« 1-1 映画にだしたろか。その一言からはじまった。 | トップページ

熱湯に放りこまれた蛙。


conents


第1章 映画はこうしてできあがる。

    1-1 映画にだしたろか。その一言からはじまった。
    1-2 映画監督を初めて見た
    1-3 映画はこうしてできあがる。
    1-4 自ら出演交渉をする。
    1-5 映画のタイトルは『春がきた。』に。
    1-6 映画はまずホンありき。脚本家は誰だ。
    1-7 シナリオハンティング。言葉の狩りにでる。
    1-8 初めての銀幕行脚、金沢へ。能登へ。
    1-9 能登の感動は全身的。


第2章 ゼロからの石川

    2-1 そして事件。撮影は来年に延期せよ。
    2-2 製作と制作がついに決裂。
    2-3 一本の電話に勇気づけられる。
    2-4 某社長にお願い、一千万を約束してもらう。
    2-5 タイムリミットは訪れる
    2-6 ゼロからの石川県行脚。
    2-7 動かない。まったく動かない
    2-8 悲観的になっても一銭の得にもならん。
    2-9 謎の中東人、登場。
    2-10 そして北國新聞事業部へ。
    2-11 キリコ祭りを初体験。


第3章 明けない夜はない

    3-1 終焉の影に怯えながら。それでも動きまわる。
    3-2 はじめての石川県全体会議。
    3-3 賽は投げられた。
    3-4 密かな裏切り。
    3-5 東京サイドもエンジン全開。
    3-6 石川県で支援組織が生まれる。
    3-7 『海辺のテーブル』にタイトル変更。


第4章 地震が能登を襲う

    4-1 三月二十五日の能登半島地震。
    4-2 考えて、考えて、再度企画を変更する。
    4-3 脚本作業と同時進行して。
    4-4 記者会見をする。
    4-5 協賛企業が集まりはじめる
    4-6 主演女優が決定。
    4-7 田中さん、泉さんの出演がさらに応援の輪を。
    4-8 制作スタッフも決まる。
    4-9 そしてクランクイン。


第5章 地方発映画という新しいビジネスモデル。

    5-1 撮影することが目的ではない。
    5-2 撮影終了後に北國新聞を訪れた理由
    5-3 石川県発の映画にしましょう。
    5-4 地方気質を逆利用する。
    5-5 文化庁の助成金という危ない橋。
    5-6 汗はかくけど、口はださない。
    5-7 素敵なキチガイがいるか。
    5-8 信頼できるプロデュサーの見つけ方。
    5-9 映画のシステムは変わる。
    5-10 熱湯に放りこまれた蛙。
    5-11 そして最後の最後に。

|

« 1-1 映画にだしたろか。その一言からはじまった。 | トップページ

第1章 映画はこうしてできあがる。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008911/21046334

この記事へのトラックバック一覧です: 熱湯に放りこまれた蛙。:

« 1-1 映画にだしたろか。その一言からはじまった。 | トップページ