« 3-2 はじめての石川県全体会議。 | トップページ | 2-11 キリコ祭りを初体験。 »

3-1 終焉の影に怯えながら。それでも動きまわる。


 七月、八月、九月は、私たちにとってどん底の時期だったかもしれない。
 何度も金沢や輪島へ足をはこぶけれど、資金面での具体的な成果は皆無だった。
「まずは映画のシンポジウムを開催して理解を深めるところからはじめよう」
「舞台となるレストランを撮影終了後には本当の店にして観光ポイントにしよう」
「映画学校を開催して、石川県を映像文化の発信地にしよう」
 白羽監督がいろいろな企画を考えて事務所へやってくる。無謀なところや無駄な部分は切り、可能性のある芽をひろって私が企画書にまとめる。できあがった企画書をもって、二人で石川県の協力者へ説明にいく。しかし企画はいいけれど開催資金はどこからも集まらず、企画はいつしかお蔵入りになる。
 資金集めということに限ると地域格差というものをまざまざと感じていた。
 広告の世界の話で恐縮だが、ひとつの広告にかける金額が指一本といえば、東京の場合は一億か一千万を指す。大阪の場合は一桁落ちて、一千万か百万になる。ところが北陸地方へくると、さらに一桁落ちて、百万か十万になる。
 某企業へ映画イベントの件でお願いへ伺ったところ、協賛していただけることになった。担当者は一本くらいとおっしゃったので百万と踏んでいたら、金額は八万円だった。
 そのことを声高に批判しても仕方がない。
東京都民の数は約一千二百万人、大阪府民の数は約八百八十二万人、石川県の県民数は約百十七万人なのだ。そもそも経済規模が違う。ということは同じ一千万の資金を集めるにも、石川県では東京の数十倍の労力が必要ということになる。
 また、その時期の石川県ではさまざまな映画の制作や企画が進んでいた。
松竹映画の『釣りバカ日誌』は前記した通りだが、八月にも羽咋市で『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の撮影が行われ、映画の企画自体、そうめずらしい話題ではなかった。そのなかで外様の私たちが石川県で、能登で映画を撮る意味や意義を明確化することは、かなり難しい課題だった。
 東京の方での動きも鈍かった。出資者が見つかったという朗報は届かなかった。
 脚本作業の方も同じで、一度、辻調理師専門学校の先生を招いて、料理に関する勉強会を開いたけれど、それを反映した大幅な改訂稿の作業にはなかなか着手されなかった。
 思うに、その頃、溝上さんは思案していたのではないだろうか。
 必ず実現するんだと熱くなって石川県への行脚を繰り返す白羽監督や私と違って、溝上さんは一歩下がって状況を判断できる位置にいる。
 また、F氏からのお金を企画開発費に使うとはいっても、F氏は製作にクレジットされない人物で、いわば善意でお金を融通してくれている人だ。つまりこのお金は必ず返さなければならないお金で、このお金を使って脚本の改訂作業に移った場合、この企画がつぶれたらその不足分は監督とプロデューサーが負担しなければならないことになる。
 目の前に一千万円あるといっても、このお金を使うには企画成立の見通しがある程度たっていなければならないのだ。
 映画は賭けではなくビジネス、というのが溝上さんの哲学なのだ。
 だから脚本家の国井さんにも明確な締め切りを設けていなかった。頭のなかで構想を練っておいてねという曖昧な注文だったようだ。
 金沢や能登の協力者もそうだけれど、溝上さんも亀田さんも、五月の出来事以来、企画が流れる覚悟をどこかでしていたのではないかと思う。
 白羽監督と私だけが、ひたひたと背後から忍び寄ってくる終焉の予感に気づきながらも、いま動かなければ本当に終わってしまうと自身で自身を鼓舞して、わずかな可能性に賭けて動きまわっていた。

|

« 3-2 はじめての石川県全体会議。 | トップページ | 2-11 キリコ祭りを初体験。 »

第3章 明けない夜はない。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008911/20917681

この記事へのトラックバック一覧です: 3-1 終焉の影に怯えながら。それでも動きまわる。:

« 3-2 はじめての石川県全体会議。 | トップページ | 2-11 キリコ祭りを初体験。 »