« 1-5 映画のタイトルは『春がきた。』に。 | トップページ | 1-3 映画はこうしてできあがる。 »

1-4 自ら出演交渉をする。


 会議は前向きに、和気あいあいと進んでいった。
 ところがそろそろ終わろうという頃になっても、A氏はいっこうに例の話しを持ち出してくれなかった。
 私の映画出演の件である。
 映画にでることができるのかできないのかが、その日の私のメインテーマでもあったのだ。
 しびれを切らした私は勇気を振り絞って自分から口火を切った。
「あの、ひとつお願いがあるのですが」
「はい?」
 白羽監督が怪訝そうな顔をする。溝上さんも亀田さんも何をいいだすのやらと私をみる。
「企画書づくりでも広告づくりでも何でもしますから、あの、映画にだして欲しいのですが・・・」
「役者・・、ということですか?」
 白羽監督がつめよる。
「いえ、そんな大層なことでなくていいんです。ちょい役でもワンカットでもいいんです。夢なんです。映画のエンディングロールがあるでしょ。役者の欄に自分の名前がでることが前からの夢だったんです。そのためだったら何でもしますから・・・、ダメでしょうか」
「役者の経験はあるのですか?」
「いえ・・・」
「演劇部にいたとか?」
「まったく・・・」
「映画青年でしたか?」
「文学青年でしたけど・・・」
 溝上さんがにっこり笑って白羽監督と私のやりとりをみている。亀田さんは少々あきれ顔だった。
「その代わり何だってしますから。チケットも買いますから。一千枚、そう一千枚は買いますから」
「一千枚、それはすごい」の
 と溝上さんは笑いながらいった。
「わかりました。役をつけましょう。それでがんばってもらえるのならお安い御用です」
「本当ですか!ならば気の弱いチンピラ役か、バーのおかまのマスター役なんてどうでしょう?」
 調子に乗っていった私に白羽監督がピシャリと
「あなた、変な映画の見過ぎじゃないですか?第一、そんな人は今度の映画にでてきません」
 といってみんなの笑いを誘った。
 やれやれではあるけれど、私はなんとか出演交渉を果たした。監督が役をつくるといったのだから、私は必ず出演できるのだろう。
 銀幕デビューか。そう思うと頬が緩んでくるのだった。

|

« 1-5 映画のタイトルは『春がきた。』に。 | トップページ | 1-3 映画はこうしてできあがる。 »

第1章 映画はこうしてできあがる。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008911/20918023

この記事へのトラックバック一覧です: 1-4 自ら出演交渉をする。:

« 1-5 映画のタイトルは『春がきた。』に。 | トップページ | 1-3 映画はこうしてできあがる。 »