熱湯に放りこまれた蛙。

conents 第1章 映画はこうしてできあがる。     1-1 映画にだした...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-1 映画にだしたろか。その一言からはじまった。

「お前、映画にでたいっていってたよな」 「ええ、夢ですわ。どんな役でもええんです...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1-2 映画監督を初めて見た。(はじめての全体会議)

 私が会議に出席したのは二〇〇五年八月二十五日のことだった。  A氏のオフィスの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-3 映画はこうしてできあがる。

 映画にはさまざまな人がかかわってできていく。  素人の私が知っているだけでも、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-4 自ら出演交渉をする。

 会議は前向きに、和気あいあいと進んでいった。  ところがそろそろ終わろうという...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-5 映画のタイトルは『春がきた。』に。

 溝上氏と亀田氏の会社は東京にある。白羽監督は神戸の人。B氏は石川県。A氏と私の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-6 映画はまずホンありき。脚本家は誰だ。

 プロデューサーの溝上さんが所属する近代映画協会は、二〇〇八年現在、日本最高年齢...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-7 シナリオハンティング。言葉の狩りにでる。

 映画の世界ではよくハンティングをする。  ロケハンは耳に馴染んだ言葉だろう。ロ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-8 初めての銀幕行脚、金沢へ。能登へ。

 白羽監督はもう何度も能登入りをしているけれど、私は未だ舞台となる地を訪れていな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1-9 能登の感動は全身的。

 とはいえ、はじめて訪れた能登に私は魅了された。  まずは人である。おだやかで、...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«1-10 タイトル変更『海とキリコとアオイ』。